トップへ戻る

ペイパーミニッツの説明と無料アカウント登録方法 | ゲイ動画海外専門

このサイトはアダルトコンテンツを含んだ内容を掲載しています。
18歳未満の方はこちらから退室して下さい。
また、ゲイ(男性同性愛)に理解がなく、偏見のある方もこちらから退室して下さい。
尚、各サイトのコンテンツを初めて閲覧される方は、必ず「注意事項・免責事項」を一読されて下さい。
更に、英語圏の月額見放題サイトを初めて利用される場合には、必ず「月額見放題サイト利用の心得」を一読されて下さい。

ペイパーミニッツの説明


それでは一番の要の部分の”ペイパーミニッツ”の説明をします。

もしかしたら、何となく似たような名称を聞いた人もいるかもしれませんが、”ペイパービュー”とは違います。

”ペイパービュー”にも幾つか意味があるようで、どの部分で使われるかによって意味が変わるようなので難しい部分もありますが、日本のアダルト動画配信サイトでよく使われる”ペイパービュー”は見たい作品だけを支払って購入することです。

ストレートの方は分かりませんが、ゲイの方では日本の動画販売形態の中で最も多い形です。

勿論、aebnでも”ペイパービュー”はありますし、最も力を入れている販売形態でもあります。

しかし、やはり誰でも思うことは、ジャケットやサンプル画像を見て購入したものの、期待外れだった、物足りなかった等、色々マイナスの経験はあると思います。

実は、そんなときに”ペイパーミニッツ”が効力を発揮します。

前置きが長くなりましたが、”ペイパーミニッツ”はこの中にある”ミニッツ”、つまり、複数の分、時間分を支払って購入するのです。

これだけではイメージが湧かないという人も多いかもしれませんが、通常、”ペイパービュー”は、単品作品を購入します。

しかし、”ペイパーミニッツ”は作品を購入するのではなく、以下の画像のように、あらかじめ先に視聴分数を購入し、そこから視聴した分だけ秒単位でカウント、減らしていく方式です。



一見見た分だけ減っていくというのは勿体無いようにも感じるかもしれません。

しかし、考え方を変えれば、気になった作品をいきなり購入するのではなく、一度、”ペイパーミニッツ”で視聴して、本当に気に入ったものだけを購入すれば、無駄なく必要なものだけ作品を購入することが出来ます。

実際に、作品を見ることが出来るわけですから、購入して失敗ということもありません。

勿論、全ての動画作品が月額見放題だったらなあと思う人もいるでしょう。
しかし、aebnのような総合サイトの場合、日本と同じく単品作品の販売が主なので、全作品を月額見放題として販売するのはやはり現実的に無理があります。

それを補う為かどうか細かくは分かりませんが、英語圏ではこの”ペイパーミニッツ”の販売方式が多くあります。

ただ、ゲイ作品をaebnのように大量に扱って、日本語ページが併設されていて、安心安全なサイトとなると、aebnを置いて他にはありません。

他にも、少し細かく知っている人の場合、好きなメーカーの作品、好きな作品、好きなモデルが出演している作品の検索をして、上記記載したように、”ペイパーミニッツ”で視聴後、吟味して購入することも出来ます。

勿論、専ら購入しないで軽く気になったものだけを”ペイパーミニッツ”で視聴することも出来ます。

私の感覚で言うと、aebnゲイページの中の9割くらいは”ペイパーミニッツ”で視聴可能です。

寧ろ、”ペイパーミニッツ”視聴不可の作品を探す方が大変なくらいです。

因みに、”ペイパーミニッツ”を視聴する際には、以下の[Play Video]の画像をクリックすると、視聴が出来ます。





但し、今、表示されている[Play Video]の画像の方式は、私の記憶では、2012年10月頃に登場して、その後、過去の作品も含めて、今現在、私の感覚では7割か8割近くがこの方式に置き換わりました。

それ以前は、Windows Media Plyaerで開く方式が主流でした。

ただ、今も残りの2割か3割くらいはこの方式があります。

この方式の場合は、以下の画像の中のアイコンをクリックすれば視聴が出来ます。



そして、もう一つ注意しなければならないことがあります。

それは以下の文言が個別作品ページのトップ部分にあるものです。

「このプレミアム作品は通常レートの2.0倍の料金になります。」



場合によっては、「2.0倍」のところが「1.5倍」になっている作品もあります。

これに関しては、その隣の[なぜ?]の部分をクリックすると、福耳が出ますので、これを読むと、これをしている理由が分かります。

そして、これの意味するところですが、例えば、通常1分視聴した場合、当たり前ですが、60秒分がカウントされ、なくなります。

しかし、「2.0倍」と書いている作品を視聴した場合、1分視聴すると、2倍の120秒分がカウントされ、なくなることになります(「1.5倍」も同様の考え方です)。

尚、通常、プレミアム作品を視聴する際には、確認の為、[Play Video]クリック後に、念押しの画面が出ます。

そして、それをクリックすると、再度、元の画面が出て、上の方に承認された旨の文言が赤字で出ます。

更に、再度、[Play Video]をクリックすると、視聴が出来るようになります。

一定時間連続して使用している場合は、他のプレミアム作品を視聴した場合でも、同じ確認画面は出ません。

無料アカウント登録方法(フリーメール推奨・無料20ミニッツ)


次に無料アカウント登録方法を説明します。

 

以下のaebnのロゴをクリックすると、実際のaebnゲイページに遷移できます。

 

 

 

 

ページ右上に[無料20ミニッツ]と書いている部分があり、そこをクリックすると、無料アカウント登録画面に遷移します。

 




 

 

フリーメール推奨

 

 

ここでこの項目を設定しないでもいいとも思ったのですが、念の為、記載します。

 

ここでアカウント登録する際には、必ずメールアドレスを登録しなければなりませんが、登録するメールアドレスはいつでも使い捨て可能なヤフーメールやGmail等のフリーメールを使って下さい。

 

やはりアダルトサイトで使うメールアドレスなので、間違っても一般社会で使うメールアドレス(例:ネットバンキングやamazon等)と同じものは使わないようにして下さい。

 

また、もう一つ私から強く言いたいのは、他のサイトでも使ったことのある同じユーザーネーム(ID)とパスワードを使い回さないで下さい。

 

個人情報の流出・漏洩も問題ですが、更に問題なのが流出・漏洩したユーザーネーム(ID)とパスワードを使い回していることです。

 

つまり、ある一箇所で流出・漏洩したユーザーネーム(ID)とパスワードを他のところでも使い回しているが故に成り済まし被害が止まらないということです。

 

今現在、SNSの成り済まし問題がニュースになりますが、もしも一つのところからユーザーネーム(ID)とパスワードが流出・漏洩しても、それぞれ違うユーザーネーム(ID)とパスワードを使っていればここまで大きな問題にはならなかったでしょう。

 

結局のところ、この部分は誰しも抱いているユーザーネーム(ID)とパスワードの管理が煩雑なので、全て同じものを使うという怠慢が大きな問題になってしまっています。

 

特にここで登録するユーザーネーム(ID)とパスワードはアダルトサイトなので、間違っても一般社会で使うユーザーネーム(ID)とパスワードと同じものは絶対に登録しないで下さい。

 

 

無料20ミニッツ

 

 

名称が統一されていませんが、”無料20ミニッツ”、ここの登録画面では、”フリー・ミニッツ20”について説明します。

 

これは今からアカウント登録する際に、この”フリー・ミニッツ20”を含んだ方を選択した場合、前述した”ペイパーミニッツ”の20分を無料でサービスしますという意味です。

 

こちらの方を選択して登録することによって、取り敢えず”ペイパーミニッツ”がどういうものかを直ぐに体験することが出来ます。

 

実際に使ってみて、気に入れば、”ペイパーミニッツ”を購入するのがいいと思います。

 

しかし、ここで一つ気になる文言を見つけた人もいるかもしれません。

 

実は、この”フリー・ミニッツ20”を選択して登録する場合、無料アカウント登録自体は無料であっても、本人確認、年齢確認の為、クレジットカード登録をしなければなりません。

 

お金を払わないのにクレジットカード登録をすることに抵抗のある人もいるかもしれませんが、英語圏の単品販売サイトでは、この形式を取っているところが多いようです。

 

実は、他にも、このような形を取っているところが身近にあり、それがD2Pass加盟サイトの場合です。

 

D2Pass加盟サイトを利用する場合、殆どは月額見放題サイトの場合が多く、気付きにくいとは思いますが、もしも、初めて登録するサイトが単品販売サイトであるHey動画の場合は、アカウント登録自体は無料でもD2Pass登録をしなければ使えません。

 

そして、こちらはaebnと違い、D2Pass登録をする際には、必ずクレジットカード登録をしなければなりません。

 

尚、当サイトでもHey動画のタイトルにて、下の方で触れています。

 

恐らくこの形式を取っている理由は、日本と違い、英語圏は沢山の国があり、英語圏に属していなくても使う人が多くいます。

 

当然、世界中の人々を販売対象にしていることもあり、クレジットカードで本人確認する方法が重要視されているのだと思います。

 

もしも、決済が発生しない状態でのクレジットカード登録をするのに抵抗がある場合は、もう一つの普通(”無料20ミニッツ”なし)の”無料アカウント”の方を選択すれば、登録は完了します。

 

しかし、私は2007年からaebnを利用していて、既に100回以上決済をしましたが、決済で不安に感じたことは一度もありません。

 

私個人としては、”無料20ミニッツ”ありの方をお勧めします。

 

因みに、”無料20ミニッツ”ありの方で[サインアップ]をクリックすると、以下の画像のような画面になります。

 

 

当然、ここに記入する場合は、全て半角英数のみになります。

 

以下にカード情報以外の記入例を載せます。

 

尚、決済入力画面に住所記載項目がある場合、本人確認の為に記載しなければなりません。

 

名前:例.TARO(クレジットカードに記載された名前をそのまま記載)

 

苗字:例.YAMADA(クレジットカードに記載された苗字をそのまま記載)

 

住所:例.#1001 XXX Manshon, 1-2-3 Ginza, Chuou-ku<中央区銀座1丁目2番3号XXXマンション1001号室>(日本と住所表記が逆になり、政令指定都市の区等もここに記載)

 

市名:例.Tokyo(完全な正解はないものの、東京は便宜上Tokyo、それ以外の市名はYokohama等、町村名の場合はOkutama-macho, Nishitama-gun等、区以外の行政区画としての市町村名を記載)

 

州名:ここはこのまま[州名(日本の場合は県名)]を選択(これ以外に該当項目がありませんし、これで大丈夫です)

 

郵便番号:例.1234567(私個人は今まで郵便番号入力の際には、いつも”-”を入れていましたが、ネット上でのクレジットカード情報記載例を見ていると、”-”のない方が多くありましたので、どちらでも大丈夫なようです)

 

国名:[Japan]を選択

 

そして、[カード情報を保管]にチェックすると、次回以降、クレジットカード情報の入力を省略することが出来ます。
最後に[注文を確認する]をクリックします。

 

因みに、住所に関して、ネット上のクレジットカード情報記載例を参考に、無難な書き方を纏めましたが、正直なところ、住所と市名の記載項目に多少表記の揺れがあっても問題はありません。

 

また、住所入力時に文字数制限がされていて全て入力できない場合、”chome”や”machi”等、含めなくても差し支えない部分は省略しても大丈夫です。

 

マンション部分に関しても、上の例を使うと、”1-2-3-1001 Ginza, Chuou-ku”のように記載してマンション名を省略しても大丈夫です。

 

尚、都道府県名は位置的には州名の部分に相当するのでしょうが、選択項目がないので別の項目も含めて記載不要です。

 

 

 

※このページのリンクを貼ることは自由ですが、管理人(自慰爺)のオリジナルの文章であり、リンクなしの無断転載、管理人(自慰爺)が許可を得て掲載しているキャプチャ画像の無断使用・無断盗用等は厳にお断り致します。

 

 

次のページ:ペイパーミニッツの購入方法

関連ページ

aebnの紹介と使い方の説明
ゲイ動画を配信しているサイトの紹介ページです。このページではaebnを説明する為の項目の中でaebnの紹介と使い方の説明を紹介しています。
ペイパーミニッツの購入方法
ゲイ動画を配信しているサイトの紹介ページです。このページではaebnを説明する為の項目の中でペイパーミニッツの購入方法を紹介しています。
aebnの月額見放題プラン
ゲイ動画を配信しているサイトの紹介ページです。このページではaebnを説明する為の項目の中でaebnの月額見放題プランを紹介しています。