トップへ戻る

月額見放題サイトの決済時の注意 | ゲイ動画海外専門

このサイトはアダルトコンテンツを含んだ内容を掲載しています。
18歳未満の方はこちらから退室して下さい。
また、ゲイ(男性同性愛)に理解がなく、偏見のある方もこちらから退室して下さい。
尚、各サイトのコンテンツを初めて閲覧される方は、必ず「注意事項・免責事項」を一読されて下さい。
更に、英語圏の月額見放題サイトを初めて利用される場合には、必ず「月額見放題サイト利用の心得」を一読されて下さい。

決済時の注意


次に月額見放題サイトを利用するに当たって、必ず押さえておきたいことと言えば、やはり決済の部分でしょう。

以下に、決済関連については書きますが、その前に決済ページに至るまでの内容を書きます。

決済ページに遷移する場合、月額見放題サイトのトップページやコンテンツ紹介ページから入会ページに遷移し、そこから決済ページに遷移するサイト構成にしている場合が多いです。

入会ページに遷移する場合、大きな横のメニュバーに以下のような英語が見えます。

JOIN
JOIN NOW
INSTANT ACCESS
SIGN UP


また、フリーページ内では入会ページにアクセスし易いように広くリンクを貼っている場合があり、それは下のステータスバーを見れば分かります。

ステータスバーに表示されるURLの中に以下の単語があれば、それは入会ページにアクセスできるURLです。

join
signup


また、サイトによっては、入会ページを飛ばしていきなり決済ページのURLを貼っている場合もあります。

そして、入会ページから決済ページにアクセスする場合、何も入力せずにアクセスできるサイトも勿論多くあります。

その場合は、”CREDIT CARD”と記載されている部分にリンクが貼ってあるので、そこをクリックすれば、決済ページに遷移します。

しかし、それ以外に、入会ページ内で先に登録メールアドレス、ユーザーネーム(ID)、パスワードの記入をするサイト、加えて月額見放題プランを選択するサイトもあります。

この場合は、先に記入しなければ先に進めませんので、記入して下さい。

では、決済時に注意したい4つの内容を書きます。


1.月額見放題プランは基本的に自動継続方式であり、プランの中に”Trial(トライアル)”がある場合もある

自動継続方式の件に関しては、D2Passグループ加盟サイト等を利用したことがある人や2014年6月に閉鎖されたスーパースリー販売サイト内にあった月額見放題プランを利用したことがある人はご存知だと思います。

入会ページ等に月額見放題サイトの価格が掲載されている場合がありますが、ここで月額価格以外に何も書かれていない場合、それは自動継続を意味します。

つまり、言い方を変えれば、退会する場合は、自らキャンセル処理をしなければならないということです。

勿論、自動継続と記載しているサイトもありますし、逆に自動継続しない場合は、必ず記載しています。

ただ、実際のところ、その次の決済ページには必ず自動継続の場合の詳細、つまり、その後の月額決済の金額が記載されているので、それほど心配する必要はありません。

以下にこれに関係する英語を載せますが、多少単語の記載に差異がある場合もあります。

自動継続を意味する英語
Recurring->自動継続
Rebills->再決済


自動継続なしを意味する英語
No Recurring->自動継続なし
One time bill->1回だけ決済


また、実際の決済時に使用される文章を幾つか以下に載せます。

$XX.XX(USD) for 30 days then $xx.xx(USD) recurring every 30 days
30日間に$XX.XX(USD)で、次に$xx.xx(USD)が30日ごとに発生します。


一番シンプルな形式です。

$XX.XX(USD) for 30 days
30日間に $XX.XX(USD) で *1


$XX.XX(USD) for 30 days will rebill at $xx.xx(USD) recurring every 30 days until cancelled
*1 30 日間に $XX.XX(USD) では、購読が取り消されるまで、$xx.xx(USD) が 30 日ごとに発生します。 daysごとに料金を請求します。
※*1の記載例は、場所が離れている場合に用います。


$XX.XX(USD) for 30 days (non-recurring)
30 日間に $XX.XX(USD) で(再発生無し)
※自動継続なしの場合です。


そして、もう一つ月額見放題プランの中で確認したいものとして、”Trial(トライアル)”というものがあります。

これはサイトによってはない場合もありますが、大体最短1日から7日(1週間)まで超低価格で入会できるというプランです。

日本語訳すると、お試し価格と訳されます。

つまり、”Trial(トライアル)”プランで入会して、もし気に入ればそのまま継続会員になれますということです。

以下に記載例を載せます。

$XX.XX(USD) for X day Trial


但し、”Trial(トライアル)”プランを選択した場合、会員サイト内で視聴可能な動画や画像に制限、具体例を書くと、最新作の動画や画像の数作品しか視聴できないサイトが意外に多くあります。

これらは実際にフリーページ内に書いている場合もあれば書いていない場合もあります。

他にも、この”Trial(トライアル)”で注意しないといけないのが、これに関しては、100%自動継続しかないということです。

”Trial(トライアル)”プランで終了する場合は、必ずキャンセル処理を直ぐにしなければなりません。

尚、”Trial(トライアル)”プラン終了後の月額価格は他の月額プラン同様、決済ページに必ず詳細が載っています。

このように基本的に、月額見放題プランを終わらせるときには、自らキャンセル処理をしなければなりません。

多分、日本人が英語圏のアダルトサイトを利用して最もトラブルになる事象がこれだと思います。

しかし、実際にはトラブルというより英語圏の月額見放題サイトの仕組みを理解して利用すれば問題にはなりません。

但し、キャンセル処理をする場合は、余裕を持って1週間前にはした方が無難です。

同様に、”Trial(トライアル)”の場合は、出来るだけ早い段階でキャンセルするか否か決めた方がいいです。

自動更新日直前にキャンセル処理をした場合、ちゃんと終了できずに翌月分まで支払われる場合があります。

勿論、実際には、”Trial(トライアル)”の例もあるので、ぎりぎりでも大丈夫でしょうが、まだ時間があると思っていると、直ぐに次回更新時に入ってしまいます。

ですので、改めて書きますが、キャンセル処理をする場合は、余裕を持って行いましょう。

また、当然のことながら、キャンセル処理を完了した後でも、残りの期限までは引き続き会員サイト内にアクセス可能で楽しむことが出来ます。

尚、具体的なキャンセル方法は後述します。


2.最終的な価格は決済ページの中にある価格で支払われる

これは私の経験上、感じたことですが、フリーページ内に書いている情報を更新されていない場合がそれなりにあります。

それは、ボーナスサイトのコンテンツだったりすることもありますが、価格の場合もたまにあります。

勿論、フリーページ内に記載されている価格より決済ページ内に書いている価格の方が安い場合はいいのですが、逆の場合もあります。

恐らくキャンペーン等で価格を一定期間下げて、その後、元に戻したものの、フリーページ内に記載した価格をそのままにしているといった感じだと思います。

これを見たときに価格が違うことでびっくりしたり不安を感じたりすることもあるかもしれませんが、最終的な価格はとにかく決済ページの中にある価格が全てだということを意識することが重要です。


3.決済ページの中に抱き合わせ販売のチェック項目があるかどうか確認する

実はこれが日本人にとって最も不慣れなものだと思います。

上記記載したキャンセル処理を自ら行う件はそれなりに認知度は上がっていると思います。

しかし、これに関しては、日本人を対象としたサイトで出くわすことがないので、なかなか難しいものがあります。

簡単に書くと、あるゲイサイトに入会する際、同時に、別の系列ゲイサイトにも入会しませんか?という記載をして、抱き合わせて複数のサイトに入会させる販売手法です。

これが”抱き合わせ販売”と呼ばれるもので、これの目印としては、決済完了ボタンの直ぐ上にチェックボックスがあって、価格を意味する項目が書いていたらそれに該当します。

キーワードとしては、英語で”SPECIAL OFFER”や”TODAY’S SPECIAL”等が書いていたり、やはり通貨マーク($)や通貨略称(USD)が書いています。

以下に記載例を載せます。

Sign me up for a X day membership to XXX.com for $X.XX. After X day, membership renews automatically at $XX.XX every 1 month.


この下に以下のような決済完了ボタンがあります。


この購入を完了する



このトランザクションを完了する



注文を送信する


また、決済ページによっては、この部分に太枠をしている場合もあります。

但し、注意しないといけないのが、同じチェックボックスでも、もう一つあり、それは、利用者が18歳以上で、利用規約に同意する旨の確認項目として使っている場合です。

これのキーワードとしては、”agree”や”older”、そのまま”18”等が書いています。

ただ、この項目は、プルダウン方式もあれば、特に利用者に選択項目として設けていない場合もあります。

以下に記載例を載せます。

By completing this order, I confirm that I am 18 (some locations, 21) years or older and agree with the privacy statement and general terms and conditions.
この注文を完了することにより、私は18歳(地域によっては21歳)以上であることを確認し、プライバシーポリシーおよび一般 利用規約に同意します。


また、以下のような文章にチェックボックスがある場合もチェックしなければなりません。

I have read and agree to the terms and conditions.


”抱き合わせ販売”に関して、この項目がない決済ページも多いので、とにかくあるかないかを注視して下さい。

これは慣れれば大したことはないですが、慣れるまでは絶対に注意しないといけません。

それこそちゃんとキャンセル処理をしたのに決済が続いているといった問題になる事象だと思います。


4.入会前にキャンセル処理を行う画面を確認する

決済の部分では以上の3つを押さえることが重要ですが、もう一つ決済時のことではないものの、やはり入会前に確認するべきこととして、退会時のキャンセル処理画面の件があります。

決済方法に関しても重要なのですが、どこからキャンセル処理が行えるかの確認を入会前にしていると、退会時に慌てなくて済みます。

上記記載した通り、キャンセル処理はアダルトサイトから離れて決済代行会社のキャンセル処理画面から行います。

以下に3つの決済代行会社のキャンセル画面のURLを載せます。



これ以外にも色々な決済代行会社のキャンセル処理画面があります。

大体の場合、入会ページかトップページの下部に上記記載した決済代行会社等の名前が載っていて、そこをクリックすると、キャンセル処理画面にアクセスできます。

或いは、それらの名前が見当たらない場合、メニューバーに”SUPPORT”や”CANCEL”と書いているところをクリックすると、そこからキャンセル処理画面にアクセスできます。

私が色々見た限りだと、基本的に月額見放題サイト内の決済時の決済代行会社は一つの場合もあれば、複数扱っている場合もあります。

そして、複数扱っていても、自ら決済代行会社を選べないところが多い印象でした。

上記記載した通り、決済完了時に確認メールが送信される場合は多いのですが、送信されない場合もあるので、決済時に表示された画面の情報は直ぐに記録しておいて下さい。

そして、退会時には決済時に表示された決済代行会社のキャンセル処理画面からキャンセル処理を行って下さい。





因みに、決済時に記入する項目に関して、英語表記と共に以下に載せます。

当然、ここに記入する場合は、全て半角英数のみになります。

尚、決済入力画面に住所記載項目がある場合、本人確認の為に記載しなければなりません。

逆に以下に記載した項目がない場合は、当然、記入する必要はありません。

Name On Card->カード名義、氏名:例.TARO YAMADA(クレジットカードに記載された名前をそのまま記載)

Credit Card #->クレジットカード番号

First Name->名前、名:例.TARO(クレジットカードに記載された名前をそのまま記載)

Last Name->名字、姓:例.YAMADA(クレジットカードに記載された苗字をそのまま記載)

Address->住所:例.#1001 XXX Manshon, 1-2-3 Ginza, Chuou-ku<中央区銀座1丁目2番3号XXXマンション1001号室>(日本と住所表記が逆になり、政令指定都市の区等もここに記載)

City->市名:例.Tokyo(完全な正解はないものの、東京は便宜上Tokyo、それ以外の市名はYokohama等、町村名の場合はOkutama-macho, Nishitama-gun等、区以外の行政区画としての市町村名を記載)

State->州名:None(普通はプルダウン形式で指定しますが、None以外にも、OutsideUS/CAやOutsideU.S./Canada等の場合があります)

Postal Code/Zip->郵便番号:例.1234567(私個人は今まで郵便番号入力の際には、いつも”-”を入れていましたが、ネット上でのクレジットカード情報記載例を見ていると、”-”のない方が多くありましたので、どちらでも大丈夫なようです)

Country->国名:「Japan」を選択


因みに、住所に関して、ネット上のクレジットカード情報記載例を参考に、無難な書き方を纏めましたが、正直なところ、住所と市名の記載項目に多少表記の揺れがあっても問題はありません。

また、住所入力時に文字数制限がされていて全て入力できない場合、”chome”や”machi”等、含めなくても差し支えない部分は省略しても大丈夫です。

マンション部分に関しても、上の例を使うと、”1-2-3-1001 Ginza, Chuou-ku”のように記載してマンション名を省略しても大丈夫です。

尚、都道府県名は位置的には州名の部分に相当するのでしょうが、選択項目がないので別の項目も含めて記載不要です。




※このページのリンクを貼ることは自由ですが、管理人(自慰爺)のオリジナルの文章であり、リンクなしの無断転載、管理人(自慰爺)が許可を得て掲載しているキャプチャ画像の無断使用・無断盗用等は厳にお断り致します。

次のページ:月額見放題サイトのキャンセル方法

関連ページ

月額見放題サイトの説明と準備
ゲイ動画を配信しているサイトの紹介ページです。このページでは英語圏の月額見放題サイトを説明する為の項目の中で月額見放題サイトの説明と準備を紹介しています。
月額見放題サイトのキャンセル方法
ゲイ動画を配信しているサイトの紹介ページです。このページでは英語圏の月額見放題サイトを説明する為の項目の中で月額見放題サイトのキャンセル方法を紹介しています。
私自身が感じた月額見放題サイトの印象
ゲイ動画を配信しているサイトの紹介ページです。このページでは英語圏の月額見放題サイトを説明する為の項目の中で私自身が感じた月額見放題サイトの印象を紹介しています。